「連帯債務者」と「連帯保証人」と「保証人」の違いは?

それぞれの説明をいたします。

「連帯債務者」とは、債務者(ローンを借りた方)と一緒に返済をしなくてはならない方です。

「連帯保証人」とは、債務者が支払うことができなくなった場合、債務者に代わり支払いをしなくてはならない方です。債権者は債務者の支払い能力の有無に関わらず連帯保証人に返済の請求をすることができます。

「保証人」とは、債務者が返済不能になったときに、債務者に代わって返済しなければならない方です。しかし、保証人は債権者に対して、まずは債務者に請求するように言い渡すことが可能です。債権者は債務者の返済が不可能なことを証明することが必要となります。


「連帯債務者」「連帯保証人」「保証人」は離婚したからといって当然に義務が無くなるものではありません。離婚の際はご注意を。

プレゼント