第四章 参考事例

実際に任意売却として相談があり、弊社で相談された方の具体的事例を掲載いたします。是非、ご参考にしてください。

事例1 こんなはずじゃなかったのに・・・

参考までに、任意売却の事例をお客様の了解を得てご紹介いたします。

個人名は全て匿名とさせていただきます。


 ご相談いただいたのは平野区にお住まいの60才代のご夫婦でした。
仮に「田中様」とさせていただきます。 ご相談当時は、分譲マンションにお住まいでした。 その新築マンションを購入されたのは、ご主人様が55才の時。

 購入当時は一部上場企業にお勤めで、マンションの価格は3,500万円。月々13万円のお支払いをされており、順調にローンの返済をしておられました。 しかし、何の不安もなかった生活が一変します。不況のあおりを受けてのリストラにあってしまったのです。 リストラによる一時金でローンの一部を返済されたのですが、残債は3,000万円。

 どうにか就職先をみつけたのが警備員の仕事。前職と比べると収入が極端に減ってしまいました。 それでも真面目なご主人は、生活を切り詰め一生懸命ローンの返済を続けていました。どうしても足りない時は身内の方からの借入で返済をしていました。

 しかし、そのような状態が長く続くわけもなく、徐々にローンの滞納をしてしまうことになったのです。 銀行からの督促状を見た田中様はかなり疲れた様子でご相談にみえました。 お話を聞きますと 「買うときはこんなはずじゃなかったのに・・・一日でも早くこの苦しみから解放されたい。でもできるだけ周りの人に迷惑をかけない形で。」 とのこと。

 早速マンションの査定をさせていただきましたところ、売却可能価格は1,500万円。任意売却をお勧めし、当社と媒介契約を結んでいただき、債権者に通知。地元の不動産会社へ物件の売却の協力を仰ぎ、約一ヵ月半で買い手を見つけることができました。

 残債の3,000万円から売却によるお金で1,500万円を返済し、残りの1,500万円を月々10,000円で返済することに合意してもらえました。動産の撤去費用としていくらかのお金をいただき、賃貸へと移られました。 このご夫婦の物件が早く売却できたのは、ローンの返済で苦しいときでも、室内を散らかさずに綺麗にしておられた為ではないでしょうか。